FC2ブログ
RSSはこちら

恋夢の夢世界

ボイスドラマサークル恋夢を運営するラーリのエッチな世界

  • 2015⁄07⁄31(Fri)
  • 22:06

男性向け新作R-18ボイスドラマ『敗戦国の王子と静謐な精取官』が発売になりました!

ちょっと登録が早すぎたせいか、7月下旬の発売となってしまいました><
好みに合いそうでしたらぜひ!

敗戦国の王子と~ブログ用

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

本作は恋夢独自のサマーセール対象商品です。発売から一週間の間だけ、

通常価格1296円(税込み)→756円(税込み)とさせていただきます。

夏のうだるような暑さを、クールな声音による囁き耳舐めで和らげていってください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

~あらすじ~
ある大陸には三つの国家が存在していました。
義理を重んじるイリアム王国、領土拡大をもくろむニルヴァ帝国、平和を愛するカーネリア公国。
イリアム王国とカーネリア公国は平和を謳い、ニルヴァ帝国の度重なる侵略行為を連携して防いでおりました。
しかし、双方死力を尽くした大事な戦いを有利に進めていたにも関わらず、イリアム王国はニルヴァ帝国に破れ去ります。
その際にイリアム王国の王子(聞き手)は捕虜として捕らえられ、地下へと幽閉され……
裸にされ、両手を後ろで縛られ、左右の足をそれぞれ椅子の足にくくりつけられた状態の中、
一人の愛らしい女性が部屋へと入ってきて、貴方にこう告げます。

「ある筋からの依頼により、あなたの子種を頂きます。もちろん、それ相応の快楽をご提供しますよ」

かくして、見知らぬ地下の一室で繰り広げられる淫靡な行為の果てに待つ結末とは……。

~シチュエーション&トラックリスト~
精取官のアーリエルと名乗る女性に、敵国の皇女たちの大事な部分の型を取ったオナホで搾精されます。
皇女たちはそれぞれに名器を持ち合わせており、淫靡に、イヤらしく絡み付いてきて……
そこにさらにアーリエルの各種愛撫や言葉責めが加わり……抗えぬ快楽に堕とされる過程をお楽しみください。

1.精取官との対面 -5:31-
2.傷痕舐めまわし ~右手~ -3:25-
3.傷痕舐めまわし ~腕→肩→うなじ→左手~ -5:30-
4.第一皇女の膣型オナホコキ&囁き耳舐め -17:55-
5.第二皇女の膣型オナホコキ&授乳 -13:59-
6.再授乳~皇后の膣型オナホコキ&耳舐め遊び -15:52-
7.着衣パイズリ&乳内射精 -19:39-
8.お掃除フェラ~対面座位で膣内連射&??? -23:54-
9.終わる世界と始まる世界 -9:39-

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■本編合計収録時間■
約1時間55分+おまけ音声 

■声の出演■
浅倉ともよ 様
( http://forspring.web.fc2.com/ )

■パッケージイラスト■
「柊空」 様
( http://www.pixiv.net/member.php?id=9246652 )
 
■企画・シナリオ・編集・ロゴ他■
ラーリ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

長くなりそうでしたので注意事項などは省いております。
そちらのご確認や体験版のご視聴は下記リンク先からお願い致します。

↓DLsite↓
http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ159148.html

↓DMM↓
http://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_083577/

当サークルを日ごろからご愛顧いただき誠にありがとうございます。
当月は女性向けを含めて3作出してしまい、ご負担をおかけして大変申し訳ありません。
少しでもご負担を緩和できるようにという想いでセール出品と相成りました。
お耳に合いましたらご検討くださいませ。

ラーリ
スポンサーサイト
[PR]

category
告知

TrackBack Url

http://lovedream1199.blog.fc2.com/tb.php/52-dafef63a

プロフィール

ラーリ

Author:ラーリ
なにかで人の心を動かしたい。そんなおこがましい思いからイラスト、シナリオ、音声編集に手を出している半端者です。R-18ボイスドラマ界隈にて男性向け、女性向けの両方に作品を出しています。お耳に合う作品がございましたらぜひチェックしてみてください。サークルプロフィール→
http://www.dlsite.com/maniax/circle/profile/=/maker_id/RG20688.html
※R-18作品を取り扱っているため、18歳未満の方の視聴・ご購入はご遠慮ください。

最新トラックバック